私の町の情報:ミータウン・ドット・インフォ(metown.info)であなたの都道府県(市区町村)の情報を日本中へ世界中へ発信しませんか。

ミータウン・ドット・インフォ(metown.info)~私の町の情報を日本へ、世界へ発信とはIT関連技術であるモバイル・ソーシャル・ビッグデータ機能を活用して、日本を始め世界各国の地方自治体の地域活性化を促進する目的で弊社が開発した全世界市民参加型(投稿・翻訳・EC)機能搭載の多言語・多通貨ポータルサイト。



ミータウン・ドット・インフォとは?


私の町の情報(ミータウン・ドット・インフォ)metown.info >>> はあなたの出身の、あるいは現在お住まいの、あるいは旅先で訪れた各都道府県(市区町村)の地域活性化を実現させる目的で弊社が設計・開発したプラットフォームです。

私の町の情報(ミータウン・ドット・インフォ)metown.info >>>プロジェクトでは日本の地方、例えば山形県の地域資源を活用し日本国内だけでなくグローバル展開も視野に入れた地域活性化促進を多言語学習ビジネスモデルを通して推進いたします。


デモサイトへのリンク。metown.info >>> (デモサイト).



(写真はデモサイトから)



主な機能


①モバイル、ソーシャル機能により、日本を始め世界各国の地方の地域資源情報を世界中に発信でき、当該地域の地域活性化促進。

②ビッグデータ機能により、当該地域への旅行客集客、不動産購入、移住、留学、国際間人的交流、商品販売などが促進され、地方自治体の雇用創出効果が期待可能。

③多言語化により投稿された情報は各言語(英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、アラビア語等、今後新興国言語も含め可能な限り増加予定)に翻訳され世界中のマーケットをターゲット可能。

④多通貨表示機能により、現行で世界主要20通貨で金額表示。今後新興国通貨も含め増加予定。




□全国47都道府県の地域活性化を目的としたシステム設計。


(例)山形県のコンテンツ(山形県の風景写真、スポーツチーム、学校、企業、ホテル、レストラン、不動産、旅行商品、レシピ、食材、商品、技術)をスマートフォン、PC、タブレットを通して日本全国だけでなく、全世界に各国言語に翻訳された形式で配信するというシステムの提供。

ユーザーがスマートフォン、PC、タブレットなどから山形県のコンテンツを(metown.info)に投稿することにより、日本全国、および世界各国から山形県への観光客を増加させる、不動産購入を促進する、投資を喚起する、富裕層の移住者を増やす、大学に海外留学生を増やす、ホテル・レストランなどの予約を促進する、海外法人設立を増加させる、国際間の人的交流などを活性化するなどといった効果が期待されます。



私の町の情報(ミータウン・ドット・インフォ)metown.info >>>

□新規性



●最大の新規性はボランティア翻訳システムという全世界のユーザーがそれぞれの自国語によってコンテンツを投稿し、 その投稿されたコンテンツを他の言語に翻訳できる世界中の人々によってボランティア的に翻訳されるシステム。

よって全世界のあらゆる方々を巻き込む全世界市民約60億人参加型の多言語ポータルシステム。 その投稿する、翻訳(ボランティア翻訳)するという動機、目的はユーザーが持ち合わせている自らの出身地域、 あるいは現在在住している地域に対する郷土愛、愛着、つまりそれらの地域を全世界に知らせたい、活性化させたい、 また旅先で訪れた観光地を世界の人に知らせたいといった誰もが内在的に持ち合わせているもの。

また投稿、翻訳(ボランティア翻訳)することにより、その地域に観光客を誘致、投資喚起、人・組織間交流の喚起、またその地域の物産販売促進に繋がるシステム設計になっている。







□成長性



●対象となる市場、その顧客ターゲットは日本全国、および全世界の人々。現行でモバイルも含 めたネットユーザー最大で約20億人。そして年々増加の一途で、2020年までには最大で約2014 年の3倍の60億人と推定されている。(2020年時点の推定される世界のスマートフォンユーザー 契約数)

●成長著しく人口の更なる増加が見込まれるアジア、アフリカ、中東、中南米、オセアニアなど のいわゆる新興諸国をも欧米同様にターゲットにしているため市場規模は増加の一途。

●スマートフォンを始めとするモバイル機器の加速度的な技術革新、低価格化、およびその新興 国をも含めた普及により、サイトの性質上当プロジェクト(metown.info)の市場性、そしてそ れに伴う成長性は極めて高いと想定される。

私の町の情報(ミータウン・ドット・インフォ) metown.info >>>




●2020年に開催される東京オリンピックによって全世界からの日本に対する関心が高まるのは 至極当然。よって日本の各地方自治体に関するコンテンツ(ホテル、宿泊施設、レストラン、観光地、企業、 地域食材等)の世界からの注目度も同様に上がると考えられる。よって各検索エンジ ンでの日本の各地方自治体に関するアクセス数は上がることが予想されるので本プロジェクト(metown.info) における市場規模は大きいと考えられる。 

●TPPにより市場自由化に発展した際には本プロジェクト(metown.info)の食材、商品通販 だけでなく、投資、不動産購入、現地法人設立などから市場規模は高くなると想定される。

●日本食および日本の観光都市への関心が増す中日本を訪れる観光客数は年々増加の一途を辿 り、2014年10月時点で1100万人を超え、数年先には2000万人突破も予測されことから 日本インバウンドにおける市場規模は非常に大きいと考えられる。




(写真はデモサイトから)


□優位性


●多通貨決済機能:現行で主要20通貨(USドル、ユーロ、中国元、タイバーツ、シンガポールドル、台湾ドル、韓国ウォン、香港ドル、ロシアルーブル、インドルピー、ブラジルレアル、UAEダーハム、メキシコペソ、英国ポンド、カナダドル、スイスフラン、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、日本円)に換算されるシステムであるので、例えば、日本で円で掲載された商品がヨーロッパでその日の円対ユーロの為替レートによってユーロに換算され購買できるシステム。*更に現在新興国通貨も含め可能な限り全世界の通貨に変換できる設定に開発中。




私の町の情報(ミータウン・ドット・インフォ)metown.info >>>



●現在世界ではアメリカ発の写真投稿サイト数社が市場を独占している。ただ、そのアメリカ発企業でも展開できていない市場が存在する。たとえば、アフリカ、中東、アジア、中南米。これらの地域は今後5年でスマートフォン契約者数が約30億人増加し、2020年には60億人に達する予測されており、弊社はそれらのいわゆるニッチマーケットでありながら成長著しい市場を集中的にターゲットとすることにより、アメリカ系先行ベンチャー企業とは異なる日本発の独自性を出しながら差別化を図ろうと考えている。

●(例:山形県)世界中からその地域の言語によって山形県のコンテンツが閲覧される。(投資増加、富裕層移住者増加・留学生増加、観光客増加、物産販売増加)

●成長著しくかつ購買力のある富裕層の多いアジア、中東、中南米、オセアニア、アフリカ等からの新たな観光客の増加が、既存の北米、欧州に加えて見込まれる。






●日本中、および世界中から不動産購入を通し山形県に富裕層の移住者が増える。

●地域物産、商品の売上げが日本および世界中で増加する。世界市場をターゲットにした地域物産、商品の商品開発をする風土が山形県の企業に根付く。

●日本、世界中から様々な種類の投資が山形県に増える。(商品、技術、不動産、企業等)

●山形県の大学、専門学校、高校などに日本、世界中から留学生が増える。

●山形県の企業が日本、世界中の企業とのネットワーク力を強くする。






●地域住民が多言語学習を通し異文化に触れ、国際感覚を身に着ける。

●海外に商品、サービスを販売し、外貨を獲得することによってもたらされる地域経済への効果について地域住民が関心を寄せるようになる。

●地域住民の山形県に対する愛着が深まる。地域を活性化させようという気運が高まる。地域離れを抑制し、地域定住者増加に繋がる、人口が増える。

●山形県のスポーツチームの観戦に日本中、世界中から訪れる。今まで気づかなかった日本の他の地域、および世界で需要のある山形県の新たなコンテンツの発見。その需要を基に新たな商品の開発。





□カテゴリー


投稿者、掲載者が投稿できるカテゴリーは景色、スポーツチーム、学校、会社、ホテル・旅館、レストラン・料亭、レシピ、商品、トラベル商品、メディア・新聞社、人々・グループ、不動産、イベント・お祭り、アイデア・ディスカッション、趣味・興味です。(今後更にカテゴリーを増加予定。)




今後更なるビジネスモデルの開発、テクノロジーモデルの開発、あるいは日本を含めた全世界でのトレンドの変化に対応したカテゴリーを追加予定でございます。




詳細ページでは全世界の市町村単位でコンテンツを抽出し、そしてハイライトする設計にすることにより全世界の市町村単位での様々なビジネスを展開可能としております。


□多言語による記述の投稿


投稿者は現行英語、スペイン語、中国語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、アラビア語、日本語で投稿、掲載できます。(対応言語数は今後可能な限り増加予定。例:ヒンディー語、インドネシア語、ロシア語など。)最初の投稿で使用された言語前述のどの言語であれ、他の言語に翻訳可能です。

例えば、日本の山形県蔵王町の方が日本語で投稿したものが、日本語から他の前述の言語への翻訳をできる世界中の方々によって翻訳されます。


私の町の情報(ミータウン・ドット・インフォ)metown.info >>>



多言語プラットフォームであるため、入り口が言語の数だけ存在致します。(現行で9言語、最大で約200言語) 英語、中国語、スペイン語、アラビア語は市場自体が非常に大きく、マーケティング次第では数億人単位のユーザー数、PV等を獲得でき、市場規模も大きいと予想されます。



□翻訳方法


① ボランティアー翻訳:

ある言語から他の言語への翻訳をすることができる世界中の誰もがボランティアー的に翻訳をすることができます。

② 有料翻訳:

投稿者はビジネス上の使用などの理由により有料の翻訳サービスを利用することができます。

③ ご自身による翻訳:

投稿者は投稿内容をご自身で翻訳することができます。




私の町の情報(ミータウン・ドット・インフォ)metown.info >>>


□多言語学習機能


ミータウン・ドット・インフォ(metown.info)はPC、スマートフォン、タブレットユーザーにとって多言語学習ツールとして機能致します。 投稿されたコンテンツがオリジナルの言語から現行で英語、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、アラビア語、中国語、 日本語の9言語(今後使用言語数は増加予定。)に翻訳されますので、投稿されたコンテンツの記述に対して複数の言語で読むことが可能で、それぞの 言語を比較、確認することが可能です。



□新規ビジネス・テクノロジーモデルの追加


可能な限りフィンテック、エドテック、AI、データアナリティックスなどの次世代のビジネス・テクノロジーモデルを開発、 そしてミータウン・ドット・インフォ(metown.info)に追加したいと考えております。

世界中におけるスマートフォンユーザー数は増加の一途で、 2020年には60億人に達すると予測されております。そのような状況の中、ミータウン・ドット・インフォ(metown.info)のサイトの特性を最大限に 利用し、世界中の可能な限り多くの人々を巻き込む様なモデルを開発したいと考えております。




□会社情報


ミータウン・ドット・インフォ(Metown.info)はGlobal Business Japan inc.によって開発、運用されております。 Global Business Japan inc.は主に日本企業の海外市場展開を新規事業開発、マーケティング戦略立案、システム開発、営業支援、通訳・翻訳などの観点からサポートすることを目的として創設されました。